本物の素材と伝統の技術でつくる、温故知新な木の家づくりを現場単位で公開しています

2010年08月20日

佐渡旅行

今年のお盆休みは一年振りに、妻の祖父の家がある

新潟県佐渡島へ行ってきました。

佐渡は新潟から80キロ程しか離れていない為、離島というほどの

距離感はありません。カーフェリーでも2時間位で着いてしまいます。

ただ、今回の帰省は大変でした。

お盆前不意打ちの台風接近に加え、カーフェーリーが1台故障とのこと。

新潟港についてからこの事実が発覚したことで、エライ時間待たされる

事になってしまいました。東京から新潟まで3時間半で来られたのに

佐渡に渡るまでに丸一日掛かってしまいました。しかも天気も悪く

最悪のコンディションとなりました。

一日ゆっくり休んで、気を取り直して海にでも入りたいところでしたが、

あいにくの雨で、今回は海もだめでした。


そうなると私が出来ることは集落巡り位なわけです(笑)

雨天気の合間の晴れ間を狙って、佐渡でも古い民家が残る宿根木へ向かいました。

宿根木には佐渡に来る度に寄るのですが、いつ来ても昔の香りが漂よう

いい集落です。伝統建築保存地区になっていますが、普通に人々が住んでいるのがいいのでしょうね。

上の方からみると今でも石置き屋根の民家がいくつか並んでいます。

やっぱり絵になりますね。

syuku01.jpg

宿根木は江戸時代廻船業で栄えたそうで、その当時は相当豊かだったことが

建物からも伺えます。ディテールにめちゃくちゃこだわっています。

私は職業柄どうしてもディテールが気になってしまうのです(笑)

この集落の民家の特徴は何と言っても屋根の軒先とケラバの浮いた鼻隠板と

浮いた破風板です。

syuku03.jpg

たぶん色々な意味があってのデザインなんだと

思いますが、横樋が上手く隠れたりして、現代的にも洒落たデザインに見えます。

上ばかり見て歩いていました(笑)じっくり見ましたが、非常に手の込んだ

仕掛けになっています。ほとんどが船大工の仕事だったそうですが、

ビックリするような仕事を平気でやっています。

是非佐渡に来た際には宿根木集落に足を運んでください。

syuku02.jpg

ただ、来る前には、船が動いているかどうか事前に確認してくださいね(笑)
【関連する記事】
posted by KEYAKI at 01:37| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。