本物の素材と伝統の技術でつくる、温故知新な木の家づくりを現場単位で公開しています

2011年04月06日

伝統的な住宅のメリット

先月のコラムの最後に今月のテーマを予告していました。

その矢先、3月11日に東日本大震災に見舞われました。

そしてありとあらゆるものが失われました。

同時に人間のつくりだす物が、自然の前ではいかに無力であるかと

いうことも見せ付けられました。

どんなに賢い人が考えても、どんなに頑丈につくっていても

自然の前では歯が立ちませんでした。

私たち現代人はいつの頃から自然を支配している錯覚に

陥っていたのでしょうか。

少なくとも私たちが知っている昔の人たちは自然の脅威を

受け入れながら共存をしていたのではないでしょうか。

超えられないハードルをあえて超えようとしない生活を

していたように思えます。

先月は伝統的な木の家のメリットを必死に考えていました。

考えなければ、これだ!といえるメリットが見えなかったのです。

良くも悪くもこの震災の後、しばらくしてこのテーマが自分の中で

スッと納得できました。

やっぱり日本の家づくりは「伝統的な木の家」がベースに

なるべきだと思います。

環境に最も負荷をかけず、地域の材料、地域の技術だけで

建てることができる唯一の工法であり、

唯一自然に逆らわない建て方だからです。


強度や性能うんぬんの話のもっともっと上位での議論です。

今回のような災害や復興にも強い建物といえます。

傾いたり、歪んでも、比較的直しやすい建物だと思います。

今の合板に頼った建物は、傾いたり歪んだら壊すしかありません。

壊せば全てゴミになります。環境にも悪影響を与えます。

これから建設が見込まれている仮設住宅も、ほとんどが合板でつくられます。

スピードを重視する為、いたし方ないように思えますが、

結局合板に頼るがゆえに、今度は資材が調達できなければ建設ができないわけです。

現在まさにその状態に陥っていることは皆さんもご存知だと思います。

スピード重視のプレハブ住宅のはずが、本末転倒です。

今の家づくりはあまりにも周囲の状況に振り回される産業になってしまいました。

複雑になりすぎた建設システムは、諸刃の剣だったのです。

マイペースな伝統的な木の家は、周りの影響を受けにくく、

資材や物流によって家づくりが寸断されてしまうということも少ないと思います。

材木、土、紙などは、比較的身近な範囲からも供給できることが予想される

からです。

つまり決定的なメリットになるかどうかは、それぞれの価値観ですが、

ムキになって、何もかも自然と対決するような現代の家づくりよりも

少し前まで当たり前だった自然を受け入れるような伝統的な家づくりの方が

素直であり、長い目で見て色々な場面でメリットがあるように思うのは

私だけでしょうか。
【関連する記事】
posted by KEYAKI at 00:21| Comment(2) | 今月のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。はじめまして。
突然失礼します。

親父の建てた家の老朽化により、建て替えを検討中です。

・・・昨年の初め頃から漠然とでしたが・・・

偶然お知り合いになった建築士が、この伝統木構法・・・


ですが、いわゆる“在来工法”のことなんだろう、ぐらいの
浅薄な思い込みと、やはり建築費用=ロ−ン・・・老後の生活
費用の心配あたりでウロウロし、約10カ月ほどがアッと
いう間に経過してしまいました。

3月に発生した東北の大震災後の経済状況は、まだ一般に
大きくは取り上げられておりませんが、営業に携わっている
サラリ−マンにとりましては、今まで経験したことのない
状況・・・「設計を含めて、今後のことをいったんストップし
てほしい」と、設計の先生にお願いしてからも、考えはいつ
も堂々巡りです。

年老いた両親は、時の経過と比例してますます・・・あたりまえ
ですが・・・

フと、その先生のHPをのぞいて、あらためてこの伝統工法の
内容と意味に気付かされまして、ネットでさまざまなものを
見ているうちに、これは!・・・と。

50で独身、定年まで残り10年ほど・・・貯蓄といってもしれて
おりますが、両親の蓄えから900万ほど援助を仰いだとして
1600万=ロ−ン1000万にて、かろうじて可能かなと。

それでも何か、この構法に強烈な魅力を感じ、なにかこれまで
(と今後)の生活全体(当然、そのパタ−ン自体にも)を変える
前提で取り組みたいような気がしてきております。


Posted by わたなべ at 2011年05月15日 21:49
コメントありがとうございました。
今回の地震で多くの方が家づくりを
根本から見直していることと思います。
我々家づくりを仕事にしている者でも
同様です。
改めて伝統的な家が見直されるべきだと思い
このようなコラムを書かせていただきました。
住まいとはただその時を快適に過ごせれば
いいというだけのものではないはずです。
今一度、皆さんにも住まいのあり方、
つくり方について、学んでいただきたいと
思っております。
Posted by けやき建築 at 2011年05月20日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。